最近のトラックバック

« 帰宅難民 | トップページ | 節電と募金 »

もう一人の帰宅難民

時間が経つにつれ、悲惨な実状が明らかになります。
心が痛むばかりです。

成田空港に向かっていた夫は、電車の中で地震に遭遇。
脱線したのかと思ったそうです。

夫は歩いたり、走ったりして東京まで戻り、動き出した電車に乗って帰ってきました。
夜中の2時、帰ってきた夫は「6時間歩いたよ。ホノルルマラソン走れるなぁ」と、変な自信を深めたのでしした。
学生時代、長距離の選手だったとはいえ、千葉から帰ってくるとは・・・

さすがに今日は足が痛そうで、椅子に座る時「痛っ」と言っていました。

« 帰宅難民 | トップページ | 節電と募金 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レイさん☆おはようございます。

レイさん、ご無事でなによりでした。
恐ろしいことが現実となりましたね。
まるで映画でも観ているような、そんな光景に
唖然としてしまいました。
レオさん・レイさん
「帰宅難民・・お疲れさまでした」

私も地震の前に銀座にいました。
バネ指の治療に急いで病院へ行くところでした。
空の色が不気味だなーと思いながら・・
でも地下鉄で移動した後でしたからまだしも幸い
でした。

刻々と明らかになる被害状況には絶句します。
余震も恐怖のトラウマとなりますが力を合わせ
乗り切らなければいけませんね。

今日も一日祈りの日です。

◆ヤコピーさん、おはようございます。

まるで映画のCGを観ているようですが、現実なんですね。
想像を絶する事態に唖然とするばかりです。

世田谷は電気もガスもストップすることは無かったのですが、ヤコピーさんのところは大変でしたね。
何不自由ない暮らしが当り前と思っていましたが、それも一瞬で無くなることを改めて知りました。

救助が進み、一刻も早く復興することを祈るばかりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118295/51102597

この記事へのトラックバック一覧です: もう一人の帰宅難民:

« 帰宅難民 | トップページ | 節電と募金 »